パワーモジュールの効果

オービトロンの開発をしていて気が付いたことがあります。
アクセルをOFFにして感じる減速効果の変化です。
減速するのは単純にエンジンブレーキだと思っていました。
オービトロンを車両に装着すると、前に進む力だけでは無く、エンジンブレーキが緩和されて減速効果が少なくなります。
つまり、アクセルをONにするとフリクションに勝って前進し、アクセルをOFFにするとフリクションに負けて減速することになります。

写真のパワーモジュールX12Rの6倍の能力を持つパワーモジュールを製作し、テスト用のYAMAHA YZF-R1に装着しました。
ストレートで減速するだけならば、何も問題はありません。
しかし、ストレートからコーナーに入っていくような最高速域からの急減速では、状況が異なります。
通常は急激なバックトルクがかかるために、コーナーアプローチの車体制御が難しくなり、アクセルを戻せない状態になります。
そのため、アクセル全閉の状態でもインジェクターからは燃料が噴射されています。
この領域ではバックトルクを制御するシステムでも対応しきれません。
ところがこの試作品では、スロットルマップがゼロの状態(全く燃料噴射を行わない)にしても、アクセル全閉が可能になりました。

この効果はHybrid車や電気自動車などのモーターで駆動する車両でも有効です。
オービトロン パワーモジュールはここにも活用の場を見つけました。
電気自動車でテストしたところ、アクセルをOFFにして回生ブレーキを使って減速する場合、指定した位置では停止することができません。
フットブレーキを使う必要が出てきました。
これは、フリクションの低下によって減速効果が減ったためと考えられます。
回生ブレーキのパラメータを変更し、より強く回生させることにより、減速効果は得られるようになります。
つまりアクセルオフの際の回生量をより増やすことが可能になるのです。
特に電気自動車で走行距離を伸ばす鍵は、蓄電池の高効率化と回生量をどのようにに増やしていくかです。
オービトロンは、電気自動車の未来に向けても開発を進めていかなくてはなりません。

http://www.landmaster-japan.co.jp

タイヤ用エアバルブキャップの開発

今年の発売予定のオービトロン商品の中にタイヤ用エアバルブキャップがあり、現在のところ開発中です。
いくつかの試作品を作って実験していますが、素材の違いによって性能が大きく変わります。
自動車やオートバイよりも先行して体感しやすい自転車でテストを繰り返していますが、このようなご評価も頂いています。

今日は年明け初の休みでしたので三浦一周して来ました。
バイクは久しぶりにカーボンモノコックでライドです。
此方のホイールにはシルバー色のキャップを装着しましたが、ちょっとびっくりです。
このホイールは元々高速巡行の良いホイールなのですが、「こんなに回ったか?」っと云うのが最初の感覚でした。
何かホイールにもっと回せと言われているような感じで、帰宅した時には足が痙攣寸前でした。
此方も引き続き検証していきます。本日の走行距離は98キロでした。

この感覚は素材によって大きく異なります。
初めに考えていた素材では、わずかに感じる程度でほとんど効果が出ませんでした。
自転車でのこの感覚は、動力付きの自動車やオートバイでも同様に効果を発揮すると考えられます。
また自転車でのインプレッションから考えると、人の力で動かす車両に活用が期待されます。
特に車いすの運用では大きな効果を発揮するのでは無いかと考えています。

早期に販売が実現するよう、今後も開発を続けていきます。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

スーパークーラント PRO-SPEC

オービトロン スーパークーラントは、冷却経路を通じてラジエターやエンジン内部で発生する静電気を中和・除去します。
これによって冷却風やエンジン内部のフリクションを減少させる仕組みを持っています。
冷却水温度の低下や安定に効果があるのはもちろんですが、エンジンのフリクション低減効果も感じて頂けます。

当社がレース用に開発をしているPRO-SPECは、レースシーンにおいてどのような効果があるか、昨年から開発をしている製品です。
コースを使った7月のテストでは、朝1番の走行試験で通常の冷却水を使い、お昼前の走行でPRO-SPECを使用しました。
朝1番のテストでデータロガーに表示された冷却水水温を、気温が上昇したお昼前の走行は5度下げることに成功し、その水温はぴったりと安定していました。

暖かくなる4月以降、テストを再開する予定です。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

オービトロンの進化

オービトロンは、日々進化し続けている製品です。
たとえば新しい素材が見つかったり、新しい触媒が見つかったり、エネルギーを発生させるシステムに手を加えたり。
ガラッと外観が変わる場合はモデルチェンジになりますが、外観の変更が無い場合はバージョンアップとしていて、特にアナウンスはしていません。
ただし私たちが見たときにどのバージョンかわかるようになっています。

オービトロン製品の中でも進化の途上にある製品がパワーモジュールになります。
開発が進むにつれ初期の製品から製造コストは上がっていきますが、価格も名称もそのままにしています。
大きな変更になる場合は、販売価格も変更することになるかも知れません。
現在のところ、製品はいくつかの企業にOEMで出荷されています。
こちらは採用の段階で性能のチェックをしていますので、当社で勝手に性能の変更をするわけにはいきません。
難しいところですね。

メーカーとしては、製品が完成してもそれで満足すると言うことはありません。
完成したあとも製品のチェックをし、もっと品質や性能を上げられないか、常に努力をしています。
それは、後になって私たちに返ってくるものと思っています。

http://www.landmaster-japan.co.jp

開発中の製品

開発中のオービトロンの新製品は、フィルム状です。
車体の内側にこの特殊なフィルムを貼ることで、車体の静電気を中和します。
これによって空気抵抗を軽減することが可能になります。
昨年、テスト車両であるYAMAHA YZF-R1のカウリング内側に、100mm×100mmのフィルムを貼ってA-B-Aテストを行いました。
この車両の最高速とも言える高速域において、データロガーで1%の速度向上が確認されました。

今年も継続してテストを行っていきます。

http://www.landmaster-japan.co.jp

 

年頭のご挨拶

新たな一年が始まりました。昨年は多くの新しい出会いがあり、多くの方に支えられ、多くの新しいチャレンジをしました。
まだ試験中ですが、新しい素材との取り組みも始まりました。
それから知的財産関連の整理にも力を注ぎました。
これらの事は、近い将来、当社の大きな財産になり得ると考えています。
昨年一年間は準備期間として大変重要な時間だったと言えるでしょう。

一方で、秋頃に製品化を考えていたものは、なかなか思うように作り上げることができず、未だ発売できていません。
製品化の難しさを、身にしみて感じている次第です。

会社は昨年12月を以て7期目を終えました。
おかげさまで順調に業績を伸ばしています。
決算のとりまとめはこれからですが、以前と比較すれば改善されてきています。
お客様やお取引先様のご支援の賜と感謝する次第です。

さて新しい一年ですが、引き続き知的財産関係の整理を行います。
そして新素材との取り組み、新製品の発表も行います。
レース関係では2輪でのサポートを昨年に引き続き行います。
他にもまだ新しいアイデアがあって、それらを現実としたいと考えていますが、その発表はもう少し先になります。
それから、ここ数年取り組んできた生命科学分野での取り組みも、今年は加速させます。

今年も、変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
そして新しい一年が、皆様にとって素晴らしい一年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

株式会社ランドマスター・ジャパン
代表取締役 金光利久

http://www.landmaster-japan.co.jp

MFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000

14907635_1065153016938432_613977589393888625_n

14955980_1069427053177695_3836508991005232419_n

14980841_1069278969859170_3980159301519817352_n

写真提供:広岡孝紀 氏

当社が応援する中冨選手には最終戦となる全日本ロードレース選手権 JSB1000の鈴鹿ラウンドが、11月5日と6日に行われました。
お天気に恵まれ、日中はこの時期としては汗ばむような陽気になりました。
5日に行われた予選では12位。
したがって決勝は12番グリッドからのスタートです。

決勝はRACE1とRACE2の2回。
RACE1は8周というスプリントレース。
順位を1つ上げて11位になりました。
続いて午後から行われた20周を争うRACE2ですが、1周目の最終コーナーの立ち上がりで1台が転倒、それに巻き込まれるようにして2台が転倒し、赤旗中断となりました。
その後レースは再開されましたが、中冨選手は13周目に先行する選手を抜いたあとに転倒。
そのままリタイヤとなりました。

中冨選手の今シーズンは、本レースで終了となりました。
当社は引き続き来シーズンも応援したいと考えています。

http://www.landmaster-japan.co.jp

MFJ全日本ロードレース選手権 JP250

14956437_1066317506821983_1480850933035348385_n

写真提供:広岡孝紀 氏

JP250最終戦は、11月5日に鈴鹿サーキットで開催されました。
当社が応援する仲村選手は、午前中の予選で総合で4位となり、決勝は4番グリッドからのスタートです。
決勝ではトップグループに入っていましたが、なかなか順位を上げられませんでした。
8周で争われるレースが中盤を過ぎたところで転倒者があり、レッドフラッグで一時ピットに戻りましたが、規定周回数を超えていたためにそのまま終了となり、4位という成績でした。
国内戦であるJP250はこれで最後になります。
次回のレースは12月3日と4日にタイで開催されるAP250です。

アジアロードレース選手権 AP250の結果

14469459_1106835792764111_7541719363582281245_n

アジアロードレース選手権インドラウンドの仲村選手の結果です。
予選15位、レース1は11位、レース2は19位 でした。

予選では車両にトラブルがあり、タイム出しを測ったところで止まってしまい15位という結果にとどまりました。

レース1はトップグループと同タイムで走り続けたのですが、1〜2周目のギャップが大きく11位という結果になりました。

レース2は、レース1の結果を踏まえて1〜2周目までには猛プッシュでトップグループ目指し、グループに追いついた所でミスをして転倒してしまい、19位となりました。

次戦は11月5日と6日に鈴鹿サーキットで開催されるスーパーバイクレース。
JP250で出場します。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

HONDA エコマイレッジチャレンジ終了!

14550984_1188897854532749_1146096162_o

dsc03197

10月1日と2日に栃木県のツインリンクモテギで開催されたHONDA エコマイレッジチャレンジ2016のグループⅣ(一般クラス)で、当社が応援するチームファイアーボールが2208.137km/Lを記録し、4位でゴールしました。

チームファイアーボールには、オービトロン製品など、製品サポートをしています。

http://www.landmaster-japan.co.jp