中冨伸一選手の特別仕様のパワーモジュールが完成です。

広岡さんの写真

MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000クラスで戦う中冨伸一選手用の特別仕様のパワーモジュールが完成しました。
本日、発送いたしました。

 

 

 

20

30

特別仕様品は、フラッグシップのパワーモジュールX12Rの約6倍の能力です。
今回はA仕様とB仕様の2タイプを作りましたが、特性の違いからコースによって使い分けができるようにしています。
なんとか次のモテギに間に合い、ホッとしています。
動作確認のために乗用車でテストしましたが、フラッグシップモデルのX12Rが霞むほどです。

 

 

CIMG2975

それから今回はもう一つ。
開発中のテープです。
こちらはブローバイホースにスパイラル状に巻くものです。
右の3本と左の2本は素材が異なります。
右の3本は高い性能を発揮しますが劣化が激しく、長期に安定した性能を維持できません。
逆に左の2本は金属特性として安定しており、劣化はまずありません。
ただし、効果としては右の3本に劣ります。
このテープにはどのように作用するかというと、鋭いレスポンスと全回転域での力強さを発揮しますが、一方でバックトルクをかなり緩和する作用があります。
アクセルオフ時には2サイクルのような効きの弱さで、マシンの操縦性が軽くなり不安定になります。
そこを積極的にコントロールしたい場合には有効で、バックトルクを緩和したいという中冨選手のニーズに合致する可能性は大きいと考えています。

今週末のモテギでどのような評価になるのか、楽しみです。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

スピードワックスはスーパーシリコーンに名称変更をしました!

_0K_2620

旧名称のスピードワックスは、今回からスーパーシリコーンに名称を変更しています。
それは、その効果が「ワックス」という一括りにできないためです。

ワックスとは、塗装面などの保護をしたり、光沢を出したり、潤滑性を上げたりするためのものです。
スーパーシリコーンも同様の効果がありますが、一番の効果は電子の力によって静電気を中和低減し、空気によるフリクションを減らすことです。
いわゆる空気抵抗ですね。
ある意味で潤滑性をあげることにもなるわけですが、自動車用のワックスでそのようなことをうたっている製品はありません。
このワックスを車のタイヤハウスの内側に何カ所かスプレーしてみてください。
タイヤの動きが軽くなるのが感じられると思います。
また静電気を中和するために、埃が付きにくくなったりという効果もあります。
風の強い日には車体は横風の影響も受けますが、軽減効果を感じられます。

もちろんこのスーパーシリコーンは光沢・艶出し効果もあります。
また、通常のワックスでは考えられないくらいの手触りになります。
特に面白いのは、マットブラック塗装のヘルメットです。
マットブラックの質感はそのままに、スベスベ感を出します。

広岡さんの写真
さて、MFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスで戦う中冨選手もこのワックスを使用しています。
あまりの効果の大きさに、彼は車体に使用する際は、使う部分と使わない部分を敢えて分けています。
使わない部分があるのは効果が無いからではなく、効果が大きすぎて感覚にずれが出るからだそうです。
ちなみにレザースーツ用のものもありますが、競技に使用するために非売品となっています。
レザースーツが風圧でバタつくのを抑えてくれます。
ただし内ももや尻などの部分には滑りやすくなるために使えません。

http://ameblo.jp/tomyx38/entry-12155478108.html

 

 

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

中冨選手仕様のパワーモジュール製作中

13072019_591874037655183_1076566569_o

 

IMG_1561

YZF-R1のシート下のスペースです。
コアサイズは256平方センチくらいになるでしょうか。
256と聞くと、コンピューター関係者はピンとくるでしょうね。
厚みは、斜めになっているので薄いところを基準に考えると25~28mm程度。
コアだけならX12Rと同じ12層ができます。
サイズはX12Rが40平方センチですから、とんでもない大きさになります。
どれだけのパワーになるのでしょうか?
期待は膨らみます。

さて、ゴールデンウイークまっただ中。
連休前に注文した原材料の入荷は、連休明けとなります。

http://www.landmaster-japan.co.jp

 

中冨選手のパワーモジュールの評価

_0K_2716

JSB1000で戦う中冨選手も、このオービトロン パワーモジュールにはビックリ!
彼のブログでその評価がアップされていましたので、リンクを貼ります。

http://ameblo.jp/tomyx38/entry-12149540123.html

以前に試作品のS10をお渡ししていたのですが、一般市販車で一般道を走る限りでは大きな効果があるものの、YZF-R1でのレーシングスピードでは、その効果があまり明確に出ませんでした。効果がわかりにくいものに関しては、敢えて実戦で装着する必要もありません。余計な重量になってしまいます。ところが、S10R、X12Rと試していくうちに、その大きな効果に驚いたようです。岡山TIでの練習走行ではかなりの効果があったようで、遂に鈴鹿での2&4レースで実戦装備となりました。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp

 

 

オービトロンはMFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスで戦う中冨伸一選手をサポートしています!

13072019_591874037655183_1076566569_o

IMG_1552-1

今シーズン、オービトロンはMFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスで戦う中冨伸一選手をサポートしています。
去る4月24日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで開催されたレースでは、当社のパワーモジュールX12Rを装着し、出場しました。
前日にAグループとBグループの2組で行われた予選では、中冨選手はAグループで2分8秒235を出して4位。
総合で予選8位の結果となりました。

決勝はルマン方式のスタート。
鈴鹿200kmレースと言われるミニ耐久レースで、鈴鹿サーキット35周で争われます。
スタートで出遅れて12位まで後退したものの、猛烈な追い上げで数周で9位まで挽回しました。
しかしながらトラブルでデグナーカーブで停止、そのままリタイヤとなりました。

今回の結果は残念でしたが、中冨選手はパワーモジュールX12Rの効果に大きな期待を寄せています。
次回のレースは5月29日ツインリンクモテギですが、既に大型モジュールの開発を依頼されており、装着する予定の部品も送られてきています。
当社としては期待に応えるために、大型モジュールの完成を急いでいます。

 

http://www.landmaster-japan.co.jp